Viva Viva JNR

j1020suzu.exblog.jp
ブログトップ
2010年 07月 08日

ゆる鉄モジュール 小作業 4 (海製作偏)

 今回は ゆるカーブモジュール崖下エリアに待望の? アレが・・・・
いよいよあいつがやってくる 
当初から計画の?アレ 道路や街並みではなく

ジャーン 夏だ! 山だ!青い波!青い空! 「海」 登場です。
しかもユニット式! 取り外し可能?
a0153824_22124821.jpg


上空から眺めますと・・・・
a0153824_22144568.jpg






 最初に・・・・
ここで紹介する 海の作り方は モーリン㈱の製品についている説明書に沿って 製作しています。
作り方それぞれありますので 参考までに・・・・・

 ゆるカーブモジュ製作当初から計画していた海ですが、最近は便利な材料も
増えて簡単に作る事が出来るようになり 感謝!

 このゆるカーブと 駅セクションモジュール構想は・・・・・?

①激ウェザリングEF81牽引寝台特急「日本海」が走るシーンを作ろう!(北陸、信越、羽越本線) 
②緩やかなS字カーブ = 鯨波のS字カーブが真っ先に 頭の中に・・・・?
③海= 羽越本線の笹川流れや今川の海の イメージ  白砂浜 白茶色の崖 低い松の木・・・・
ここまでがS字モジュールの構想 3本柱・・・・

接続試験 通過確認用に急遽作った 直線3線 モジュールが何時の日からか 駅構想に・・・・
ついでのはずが本気に作りこんでしまい・・・・・
④直線モジュ=駅 鯨波の流れから 青海川駅を題材に・・・・・
⑤1番ホーム下は崖、海が広がる
⑥背面は切り立つ山を・・・・

これらが YTMC初参加モジュール作品になった訳です。
海エリアについては シークレットで??? 日々材料を試し
練習を重ねてきました?????なんちゃって・・・・試行錯誤と練習の結果が???

こちらです それでは 海になるまで・・・・
海 予定地の型紙を? これ 道路?
a0153824_22254490.jpg


5mmアクリル板をベースにします。 最初少しでも透明感?と思い裏側に青を塗ったが 効果なし?
a0153824_22275378.jpg
 
周りには ラップ? 
続いて 砂浜・・・ですが 色々な材料を試しました、 リアルサンドや お店からもらった 砂浜用サンド(水を含めどろどろにして成型できる・・) 結局 どれも色が気に入らず・・・ 土台として使用。
a0153824_2231187.jpg


笹川流れ付近の砂浜は 薄茶色の細かい石なので・・・ 材料を探していると・・・画材コーナーで?
a0153824_22332744.jpg


スケール的にはオーバーですが 色合い質感(本物)でこれに決定!!
土台を固めて こちらの砂を撒き スーパーフィックスで固めてみました。
a0153824_22343395.jpg


それにしても限られたスペース、 防波堤も 釣り船も置けないか? せめて テトラポットくらい?

本物の海を観察しに・・・・ 波をどのように表現するか 動きや、形を観察・・・
a0153824_223789.jpg


 それでは 海作り開始!!
まず アクリル絵の具で 青 深みや浅瀬をイメージして色づけ、 無理やりテトラポット?と岩場? などを先に準備しておきます。

さて いよいよ水表現ですが
使った材料はこちら・・・
a0153824_22442574.jpg

左から順番に
①グロスポリマーメディウム(水表現用)
②ジェルメディウム(波表現用)
③ブレンデッドファイバー(波頭用)


①グロスポリマー・・・・ 一気に流し込んでしまい たれて大騒ぎ?漏れないように注意しましょう??
a0153824_2242208.jpg

2~3mm程の厚みなってくれ~~~と2日ほど乾燥待ち この材料は透明になります。
a0153824_22472821.jpg

雑草が入ってしまいましたが 気にしない・・・?

②ジェルメディウムで 波表現を作ります。
筆で叩くように塗っていきます。水溶性なので水で伸ばしても大丈夫です。
波がキラキラしている様な 凹凸を・・・・・ そして波を盛り上げるのに 少し多めに盛り付けて・・・・
a0153824_22525418.jpg

波を表現するのに 使用したのが 油絵で使う ペインティングナイフ・・・ 岸に向かって波が進むような?感じに 盛り上げていきます。
a0153824_2254262.jpg


こちらも乾燥するまで待ちます。  この材料もほぼ透明に近い仕上がりになりますが 盛り上げた部分は半透明・・・・
a0153824_22554997.jpg


③続いて 波頭を表現する ブレンデッドファイバーを使用してみます。
これは ゆるい歯磨き粉くらいの堅さですが 筆で水を含めながら作業が出来ます。

まず ②で盛り上げた波に ③を盛り付けていきます。
a0153824_22582014.jpg

全体的に 波が立ちそうな場所、動き、形をみながら 盛り付けて行きます。 こちらの材料は 乾燥しても白いままですので程ほどに・・・・
a0153824_230165.jpg


①②③と 海の水表現から波表現まで 最後の仕上げとして
あの シュワシュワを・・・・・

 海に行くと波の中には 白くシュワシュワ泡がたくさん出ます、波打ち際にも・・・・・
便利な材料があるんですね・・・・
a0153824_2342646.jpg

*ちなみに 後ろにある海は 練習用です?
a0153824_2362619.jpg

水泡表現素材 なんとも便利な? 物凄く細かい白いパウダーです これを①と混ぜて 波頭や波打ち際に・・・・・シュワシュワしていそうな場所へ・・・・・・

①②③に 水泡プラスして 海製作作業は完了です。  素人手法ですので あくまでも参考に・・・・

 それでは実際にモジュールに組み込んでみましょう!
a0153824_23102225.jpg

a0153824_23114264.jpg

a0153824_23104787.jpg

a0153824_23174521.jpg


海から目線でどうでしょう? 良く遊びに行った 笹川流れの海でこんな感じで 通過する列車を
眺めていた・・・・・ような?
a0153824_23195226.jpg


a0153824_23203777.jpg

a0153824_23213335.jpg


おおおおっと いつの間にか 日本海縦貫コンテナ貨物ショットになってました?
また 後日 激務に耐えるパーイチを紹介します。

 暑い毎日が続きます 少しは涼んで頂けましたでしょうか? 

ゆるモジュ製作記も そろそろネタが尽きてきました> 言うより 夏合宿まで10日?最終仕上げに・・・・




 


 





 
[PR]

by j1020suzu | 2010-07-08 23:27 | ゆる鉄


<< 現役続行! EF81 Phot...      ゆる鉄モジュール 小作業3 >>